基本情報技術者 合格への道しるべ

目指せ!基本情報技術者資格取得
TOP平成24年度春期 午前 ≫ 問77

問77

 図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。A社とB社の損益分析に関する
記述のうち、適切なものはどれか。

H24_fe_am_sp_16.png

ア A社、B社ともに損益分岐点を超えた等しい売上高のとき、固定費の少ないB社
 の方がA社よりも利益が大きい。
イ A社はB社より変動比率が小さいので、損益分岐点を超えた等しい売上高のとき、
 B社に比べて利益が大きい。
ウ 両者の損益分岐点は等しいので、等しい利益を生み出すために必要な売上高は両
 社とも等しい。
エ 両社は損益分岐点が等しく、固定費も等しいので、売上高が等しければ、損益も
 等しい。

※解答・解説はマウスをドラッグすると表示されます。

収益と費用の差が収益になるので、
ア A社の方が利益が大きい
イ 正しい
ウ A社の方が売上高は大きい
エ 損益分岐点を超えるとA社の方が利益が大きい


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

基本情報技術者午後対策@のぶ

HN:のぶ
性別:男性
年齢:35歳
出身地:北海道

IT関係の高校,大学卒業後、ダメ人間だったのでうまく就職できませんでした・・・。かなり反省しています。よって、25歳で上京!
"できる"ITエンジニアを目指していました。
色々あり、IT業界の仕事は辞めてしまいましたが、ITの分野に興味があるのでIT業界で仕事をする又は、目指している皆さんのお役に立てるかと思い、このブログを開設しました。頑張りましょう!

【現IT資格保持】
・CCNA(640-802J)