基本情報技術者 合格への道しるべ

目指せ!基本情報技術者資格取得

問2

けた落ちの説明として、適切なものはどれか。

ア 値がほぼ等しい浮動小数点数同士の減算において、有効けた数が大幅に減ってし
 まうことである。
イ 演算結果が、扱える数値の最大値を超えることによって生じる誤差のことである。
ウ 数表現のけた数に限度があるとき、最小のけたより小さい部分について四捨五入、
 切上げ又は切捨てを行うことによって生じる誤差のことである。
エ 浮動小数点数の加算において、一方の数値の下位のけたが結果に反映されないこ
 とである。

※解答・解説はマウスをドラッグすると表示されます。

【けた落ち】
浮動小数点数の計算において、絶対値が近い数値同士の減算をすると有効桁数が小さく
なってしまうこと

ア けた落ちの説明
イ オーバーフローの説明
ウ 丸め誤差の説明
エ 情報落ちの説明

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

基本情報技術者午後対策@のぶ

HN:のぶ
性別:男性
年齢:35歳
出身地:北海道

IT関係の高校,大学卒業後、ダメ人間だったのでうまく就職できませんでした・・・。かなり反省しています。よって、25歳で上京!
"できる"ITエンジニアを目指していました。
色々あり、IT業界の仕事は辞めてしまいましたが、ITの分野に興味があるのでIT業界で仕事をする又は、目指している皆さんのお役に立てるかと思い、このブログを開設しました。頑張りましょう!

【現IT資格保持】
・CCNA(640-802J)